当院の取り扱い装置をご紹介します

当院の取り扱い装置をご紹介します

さいたま市北浦和の矯正専門歯科医院「Silver Lace矯正歯科」では、患者様のご要望を優先し、あらゆるニーズに
応えられるようにさまざまな種類の矯正装置をご用意
しています。「できるだけ安く治療したい」「目立たない矯正装置を使いたい」「取りはずしできるタイプがいい」
といったご希望に合わせ、患者様にマッチした矯正装置をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

裏側矯正
裏側矯正

ボタン状の装置(ブラケット)を歯の裏側に接着、
そこにワイヤーを通して歯を動かす方法です。

メリット デメリット
  • ムシ歯になりにくい
  • 目立ちにくい
  • 舌に違和感を覚え、
    しゃべりにくい
  • 食事がしにくい
    ことがある
  • ブラッシングしづらい
項目 評価
舌触り かなり気になる 1
治療期間 比較的短い 4
目立ちにくさ ほとんど分からない 5
費用 割高 1
磨きやすさ 難しい 1
仕上がり度 高い 5

裏側矯正の特徴

マウスピース矯正

マウスピース矯正

自分で着脱できる透明のマウスピース状の矯正装置です。

メリット デメリット
  • 装置が簡単にはずせる
  • 目立ちにくい
  • ブラッシングや器具の
    お手入れが簡単
  • 長期間装着する必要がある
  • 治療できる症例が
    限られる
項目 評価
舌触り 気になりにくい 5
治療期間 長い 1
目立ちにくさ よく見るとわかる 4
費用 少々割高 3
磨きやすさ 簡単 5
仕上がり度 充分 3

マウスピース矯正の特徴

表側矯正
クリアブラケット

ブラケットとワイヤーを歯の表側に取り付ける
矯正方法です。

メリット デメリット
  • 治療期間を短縮できる
  • 費用を抑えられる
  • 唇や頬の内側に違和感を覚えることがある
  • 装置が見えやすい
項目 評価
舌触り 気になる 3
治療期間 短い 5
目立ちにくさ 見えやすい 1
費用 抑えられる 5
磨きやすさ 比較的簡単 3
仕上がり度 高い 5

表側矯正の特徴

部分矯正

部分矯正

歯全体ではなく、問題のある一部の歯だけを矯正する
方法です。表側矯正・裏側矯正のどちらにも対応します。

メリット デメリット
  • 治療期間が短くなる
  • 費用が抑えられる
  • 治療できる症例が
    限られる
  • 口元を下げることが
    できない

床矯正装置

拡大床装置
拡大床

まだ成長しきっていない子どもの矯正治療に用いられる、
顎に取り付ける入れ歯のような装置です。
顎を少しずつ拡げて歯が正常に生えるためのスペースを
確保します。

>>小児矯正治療について

メリット デメリット
  • 取りはずせる
  • ブラケットを装着する
    期間が短期間になる
  • 最初は違和感が強い
  • 正しい使用をしないと
    効果が得られない
マルチファミリー
マルチファミリー

まだ成長しきっていない子どもの矯正治療に用いられる、
お口全体で咬みこむようなマウスピース型の装置です。
上下の顎の前後的な調和をとることで、出っ歯などの治療に用います。

>>小児矯正治療について

メリット デメリット
  • 取りはずせる
  • ブラケットを装着する期間が短期間になる
  • 最初は違和感が強い
  • 正しい使用をしないと効果が得られない
ムーシールド
ムーシールド

まだ成長しきっていない子どもの矯正治療に用いられる、
お口全体で咬みこむようなマウスピース型の装置です。
上下の顎の前後的な調和をとったり、正しい舌の位置を
トレーニングしたりすることで、主に受け口の治療に
用います。

>>小児矯正治療について

メリット デメリット
  • 取りはずせる
  • ブラケットを装着する期間が短期間になる
  • 最初は違和感が強い
  • 正しい使用をしないと効果が得られない

保定・その他

ピンインプラント
部分矯正

とても小さなインプラント(骨となじむチタン製のピン)を矯正治療中の必要な期間だけ顎の骨に埋入し、それを支点に歯を引っ張って動かす治療技術です。

メリット デメリット
  • 治療期間が短くなる
  • 精度の高い矯正治療が可能
  • 抜歯をしなくても
    矯正できる場合がある
  • 外科処置が必要となる
  • インプラント周囲を
    清潔に保たなければ、歯肉炎などの感染を
    起こす場合がある

矯正治療で発生しやすいトラブル一覧

矯正無料相談 WEB予約フォームはこちら